敬老の日に義理の祖母には何をする?喜ばれるお祝いとは

公開日: 

自分の祖母へ、敬老の日にお祝いをするのはよくあることですが、

配偶者の祖母にも何かお祝いをするべきなのでしょうか。

でも、いざ義理の祖母にお祝いしようとなると、何を贈って良いのか、

何をしてあげると喜ばれるのか、よく分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、配偶者の祖母には敬老の日をお祝いするべきか、

また喜ばれるお祝いの仕方などを紹介します。

スポンサーリンク

義理の祖母にも敬老の日のお祝いをするべき?

もし配偶者の祖母がご健在でしたら、敬老の日に

何かお祝いをしてあげると良いでしょう。

特に遠方に住んでいて、なかなか会えない場合には、

孫夫婦で会いに行くときっと喜んでくれます。

もしくは、何か贈り物をするのもおすすめ。

ただし敬老の日は、あくまでお年寄りを敬い、長寿を祝う日であるため、

必ず何か贈り物をしないといけない、ということではありません。

大事なのは、感謝の気持ちと、これからも元気で長生きしてね、

という想いを伝えることです。

そのため、物でなくとも、手紙や電話をして声を聞かせるなど、

義理の祖父母が喜ぶことをしてあげると良いでしょう。

 

喜ばれる贈り物とは

配偶者の祖母に、敬老の日のお祝いで何か贈り物をしたい場合は、

品物選びに迷いますよね。

特に結婚して間もないのでしたら、義理の祖母は何が好きなのか、

まだよく分からない場合もあります。

そんな時は、お花を贈ってみるのはいかがでしょうか。

素敵なフラワーアレンジメント選んで贈ると、気持ちも伝わるし、

お部屋にも飾ることが出来るので、きっと喜ばれるはずです。

もし義祖母が甘いものがお好きな方でしたら、お菓子を贈るのがおすすめ。

ただし、あまり硬いものではなく、おまんじゅうやようかんなどが良いでしょう。

また義祖母の年齢によっては、大福や草餅などの餅菓子だと、

喉に詰まらせてしまう可能性もあるので、避けたほうが良いかもしれません。

食べ物以外ならば、日本茶などの茶葉か、パジャマや靴下、

帽子などの衣類が喜ばれるようです。

どうしても贈る品物が決められないのでしたら、旅行券や商品券、

またはお食事券などをプレゼントしてみても良いでしょう。

 

贈り物にはメッセージを添えよう

義祖母へ敬老の日に贈り物をする際は、メッセージカードであったり、

手紙を添えることで、より気持ちを伝えられます。

スポンサーリンク

書き方は特に決まり事はありませんので、『敬老の日おめでとうございます』と

最初に書き、後は日頃の感謝や、いつまでも元気でいてください、

という旨を伝えるようにしましょう。

 

食事に招待する

贈り物をするのではなく、何か一緒に思い出作りをするのもおすすめ。

一番喜ばれるのは、孫夫婦を含め、家族で一緒に食事をすること。

自宅に義理の祖母を招いて食事会を開いたり、どこか飲食店で

ちょっとした宴会のようにお祝いしてみてはいかがでしょうか。

家族みんなで記念撮影をするのも、良い思い出になりますよ。

物を贈らなくても、孫夫婦に何かをしてもらえただけで、

嬉しい気持ちになる方は多いので、ぜひ義理の祖母に

素敵な敬老の日をプレゼントしましょう。

 

まとめ

敬老の日には、義祖母にもお祝いをして、

日頃の感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

何か品物をプレゼントするのも良いですし、

もしくは食事を一緒にすると、とても喜ばれます。

贈り物をする際は、メッセージカードなどで、

ちょっとした手紙を添えてくださいね。

あまり大げさなことをしなくても、顔を見せに行ったり、

電話をするだけでもきっと喜んでくれるはずです。

お祖母ちゃんの喜ぶ顔を思い浮かべながら、

敬老の日には、ぜひ心のこもったお祝いをしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑