備えは万全?台風が来る前に、強風対策をしておこう

公開日: 

台風が来ると、強風や豪雨で何かと危険ですね。

特に風で物が飛んでくると、窓ガラスが割れることもあるので、

とても危険です。

そこで今回は、強風被害を最小限に抑えるための対策を紹介します。

もし台風接近の予報が出たら、早めに強風に備えていきましょう。

スポンサーリンク

もしも外出する時は

台風が来ていても、外出しなければいけない場合もありますね。

そんな時は、風がとても強いので、傘を差していると

壊してしまう場合もあります。

そのため、傘を差すよりもレインコートを着たほうが良いでしょう。

転倒の危険性があるので、自転車に乗っての移動は控えてください。

またオフィス街を歩く時は、看板の落下にも注意して歩きましょう。

 

ベランダや家の周りの防風チェック

鉢植えや物干し竿など、強風で倒れたり、飛ばされてしまいそうな物が

ベランダや庭にあるのでしたら、必ずしまっておいてください。

外にゴミ箱を置いているご家庭も、台風が上陸している間は、

家の中に移動させておくのがベストです。

また、屋根にあるアンテナも、念のため針金などで補強しておくと良いでしょう。

雨戸も閉まりが悪くなっていないか確認しておき、

レール部分も動かしやすいように、掃除しておくと安心ですよ。

 

窓の強風対策

台風が来た時に、何かが飛んできてガラスが割れてしまわないか心配ですね。

雨戸やシャッターがある住宅でしたら、窓ガラスを保護するためにも、

きちんと閉めておくべきでしょう。

もし雨戸やシャッターがないのでしたら、万が一、窓に何か物が

飛んできても割れないように、飛散防止シートを貼っておくと安心です。

もしくは、部屋の内側から、ガムテープでダンボールを

窓に貼り付けておくのもおすすめ。

万が一ガラスが割れても、部屋の中に飛び散るのを予防できます。

強風で飛んできた物によって、窓ガラスが割れてしまった時は、

雨風が吹き込むだけでなく、ガラスも散らばって非常に危険ですので、

一旦違う部屋に移動をしてください。

雨風が落ち着いてから、ガラスの割れた窓をベニヤ板かダンボールなどで塞ぎ、

安全を確保してから、散らばったガラス片を掃除するようにしましょう。

 

車の台風対策

自家用車も、強風で飛んできたものによって、

窓ガラスや車体が損傷する可能性もあります。

出来れば立体駐車場に、台風の間だけでも停めておくのが望ましいですが、

難しい場合はカバーをしっかりかけておくようにしましょう。

スポンサーリンク

走行中に台風が来てしまったら、窓を閉め速度を落として、

いつも以上に慎重になって運転してください。

また念のため、台風による被害があった場合、補償のことも考えて、

加入している自動車保険の確認をしておくことをおすすめします。

 

庭で犬を飼っている場合はどうする?

飼い犬を庭で飼っている場合は、台風の時に外に出したままだと危険です。

必ず玄関に避難させてあげましょう。

ただし、雨風が強くなってからだと、飼い犬は

不安になって暴れる可能性もあります。

台風が近づいているようでしたら、なるべく早めに

玄関に避難させてあげてください。

また、飼い犬を玄関に連れてきても、

環境がいきなり変わって怯えてしまうこともあります。

そんな時は、なるべく飼い主さんが飼い犬のそばにいてあげましょう。

いつも飼い犬が使っている毛布などを置いておくと、安心する場合もあります。

 

まとめ

台風による被害を最小限に抑えるため、早めの対策が重要です。

家の周りには飛ばされそうなものは片付けておき、窓にも補強を忘れずに。

もし窓が割れた時のために、ダンボールもあると良いですね。

車もカバーをかけるか、安全な場所に駐車すると安全です。

ペットも家の中に避難させましょう。

台風の対策は、雨風が強くなってからだと、間に合わないかも知れません。

接近の予報が出たら、早い段階で備えをしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑