栃木のリゾート地で紅葉狩り!那須高原のおすすめ紅葉名所

公開日:  最終更新日:2017/07/16

避暑地で有名な栃木の那須高原ですが、秋になると、

紅葉の名所としても人気のスポットなのです。

そこで今回は、那須高原にある紅葉スポットの魅力や見頃時期、

アクセスなどを紹介致します。

是非、ドライブや紅葉登山にいかがでしょうか。

スポンサーリンク

那須平成の森

那須御用邸の用地だったことで知られる那須平成の森は、

季節問わず、ハイキングには最適のスポットです。

でも最も景観が美しいのは、紅葉の時期。

ハイキングコースの折り返し地点にある、『駒止(こまどめ)の滝』も

名所として有名であり、紅葉との美しい絶景を眺めることが出来ます。

・入場料

無料。ただしガイドウォークは有料です。

・紅葉の見頃時期

10月上旬から11月上旬頃。

・交通アクセス

那須ICから車で35分。もしくは那須高原SAスマートICから

車で35分。電車の場合は、那須塩原駅から路線バスで60分です。

 

茶臼岳(ちゃうすだけ)

標高1915メートルの茶臼岳は、那須連山の主峰であり、

那須岳とも呼ばれています。

秋になると、カエデやモミジなどが美しく色付き、

トレッキングコースを歩いて楽しむのはもちろん、

ロープウェイから見下ろす景色は格別に素晴らしいです。

ぜひ頂上まで登って、美しい紅葉の絶景を楽しみましょう。

登山をする場合は、動きやすい服装と底の厚い靴で行くことをおすすめします。

・ロープウェイ料金

大人往復1800円・片道950円。小人往復900円・片道480円です。

・ロープウェイ営業時間

8時30分~16時30分。

・紅葉の見頃時期

9月下旬~10月中旬。標高が高いため、早めに紅葉します。

・交通アクセス

那須ICより30分。電車の場合は那須塩原駅から、路線バス山麓駅行で70分程です。

 

那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)

那須湯本温泉にあるこちらの神社は、平家物語で有名な、

那須与一(なすのよいち)の逸話が残るとされています。

紅葉の時期には、境内の木々が色付き、紅葉の名所としても有名なだけでなく、

パワースポットとしても人気。

社務所の前にある『大和さざれ石』という岩は、君が代の歌詞に出てくる

さざれ石のことであり、触ったり、写真に撮って携帯電話の待ち受けにすると、

願いが叶うんだとか。

・紅葉の見頃時期

10月中旬~11月上旬。

・交通アクセス

那須ICから30分。電車の場合は黒磯駅から路線バスで35分です。

 

殺生石(せっしょうせき)

那須高原で有名な観光スポットの一つとして知られています。

スポンサーリンク

退治された九尾の狐が、硫化水素ガスを放つ岩に姿を変えたという伝説があり、

今でもこの殺生石の付近は、卵が腐ったような独特な臭いが漂っています。

周囲の遊歩道は草木も生えていない岩場となっていますが、

それらを囲む山並みは秋になると紅葉に彩られ、

殺生石の殺伐とした雰囲気とのギャップがまた見どころです。

・紅葉の見頃時期

10月中旬~11月上旬。

・交通アクセス

那須ICから30分。電車の場合は黒磯駅からバスで40分です。

 

おすすめ宿『那須温泉 山楽(さんらく)』

那須御用邸付近にある旅館の『那須温泉 山楽』は、秋になると玄関の周囲や、

露天風呂からも紅葉を眺めることが出来ます。

料理も素晴らしく、ゆっくり露天風呂に浸かりながら、

紅葉を楽しむ贅沢を味わえるので、かなりおすすめのお宿です。

・紅葉の見頃時期

10月上旬~11月上旬。

・交通アクセス

那須ICから15分。電車の場合は那須塩原駅から送迎バス、

もしくはタクシーで30分。

 

まとめ

那須高原は避暑地として夏に行くのも良いですが、

紅葉の時期に行くのもおすすめ。

観光名所も多いので、散策やドライブには最適です。

茶臼岳など標高が特に高い場所は、紅葉の見頃時期も他の場所と比べて

早めですが、やはり紅葉シーズンになると、混雑や渋滞が予想されますので、

早めの行動が重要です。

旅館も早めの時期に予約をしておくと良いでしょう。

ぜひ、温泉で日頃の疲れを癒しながら、紅葉をお楽しみください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑