栄養たっぷり!秋にこそキノコを食べて美容を手に入れよう!

公開日: 

キノコは一年中スーパーで買うことが出来ますが、

やっぱり美味しく食べるなら、旬の秋がおすすめ。

栄養はたっぷりだし、低カロリーで、色んな料理に使えるので

とっても便利ですね。

今回は秋にこそ食べるべき、キノコの様々な効果を紹介します。

スポンサーリンク

秋だからこそ、キノコを食べると良い理由とは

キノコには、食物繊維が豊富に含まれているため、

腸内環境を整えてお通じを良くする働きがあります。

また、肥満を防ぐビタミンDや、体が油分を吸収するのを抑制する、

キノコキトサンという成分もあることにより、キノコを食べれば、

秋太りの予防や解消にも繋がるのです。

しかもキノコは、季節の変わり目で疲れやすくなった体を回復するだけでなく、

代謝を上げて体を温める効果もあるので、

肌寒くなってきた季節にはぴったりの食材なのです。

 

キノコが持つアンチエイジング効果

キノコはカロリーが低く、ダイエットにも最適なのですが、

更にアンチエイジング効果も期待できるため、

女性は特にキノコを食べることをおすすめします。

では次に、どんなアンチエイジングや美容効果があるのかを、

キノコの種類別に紹介します。

まずしめじには、ナイアシンという栄養素が多く含まれており、

健康な肌の状態を保つ効果があります。

次にシイタケには、グルタミン酸が含まれており、老化を防止する働きをします。

そして舞茸は、肌荒れを防いでくれるビタミンB2や、

肌の乾燥を予防するトレハロース、シミになる原因を抑制する

チロシナーゼ阻害物質など、美肌作りに欠かせない成分が含まれているのです。

また、体のむくみが気になる方は、カリウムを含んでいる

エリンギを食べると良いですよ。

 

キノコは病気予防にも最適

美容以外にも、キノコは様々な病気を予防する効果があります。

しめじは動脈硬化や成人病を防いでくれるだけでなく、免疫力も高めてくれます。

椎茸はガンの発生や進行を抑制するほか、ウイルス性の病気に対して

抵抗力をつけるため、風邪がひきにくくなるのです。しかも、

血液中のコレステロールも下げるので、高血圧予防にもおすすめ。

ちなみに、生のものよりも干し椎茸を食べた方が、

より高い栄養を摂取できますよ。

エリンギは生活習慣病を予防に効果的であり、他のキノコと比べて、

ビタミンB1、ビタミンD、カリウム、食物繊維が特に多いのが特徴。

またエリンギを食べると、胃の中で膨らんで満腹感を得られるため、

スポンサーリンク

食べ過ぎを抑えることも出来ます。

鍋物などの入れるエノキは、内臓脂肪を減少させ、毒素を体外へ出す

デトックス効果があるだけでなく、消化機能を良くしたり、

貧血の改善や血行を促進する効果もあるのです。

汁物などによく使われるなめこは、摂取するとヌメリの成分によって

胃壁の粘膜が保護されるので、胃炎や胃潰瘍を予防します。

更に肝機能の働きも強化されるので、二日酔い解消にも効果的。

そして舞茸は、ガン以外にも糖尿病を予防し、免疫力も向上する

効果を持っており、花粉症の改善にも効果が期待できます。

 

効果的なキノコの食べ方とは

キノコが持つ栄養成分を効果的に摂るには、

スープなど汁物にして食べることがおすすめ。

うま味成分も豊富なため、煮込んでいくことで

より美味しく食べることが出来ますよ。

体も温められるので、寒い日にはぜひ作ってみてください。

キノコは数種類使って煮込めば、一度にたくさんの栄養が摂れるでしょう。

 

まとめ

キノコは健康だけでなく、美容にも効果を発揮する、

万能な食材なので、こまめに摂ってくと良いですね。

食物繊維が多いため便秘の解消にもなるし、免疫力も上がるので、

風邪をひきやすくなる寒い時期にはぴったりです。

ぜひ、秋には旬のキノコを食べて、美容と健康を手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑