日本庭園と紅葉を眺めよう。島根の紅葉名所・由志園について

公開日:  最終更新日:2017/07/16

島根県にある由志園(ゆしえん)という日本庭園をご存じですか?

牡丹の名所として知られていますが、秋には紅葉スポットとしても人気なのです。

今回は、紅葉以外にも見どころがたくさんの日本庭園、

由志園について紹介します。

由志園では季節を問わず、色とりどりの美しい花が鑑賞できますよ。

スポンサーリンク

由志園ってどんな所?

由志園は島根県松江市の大根島(だいこんじま)にある日本庭園です。

牡丹と高麗人参の栽培が盛んであり、園内にある『牡丹の館』では、

季節を問わずに年間を通して、美しい牡丹を鑑賞できます。

また、1万坪もの広大な敷地には、牡丹庭園の他に、枯山水(かれさんすい)や、

奥出雲の渓谷を模した滝、高麗人参のミュージアムなどもあり、見応えたっぷり。

お土産を購入できる売店や、喫茶室、料亭も併設されています。

しかも、和の情緒溢れるロケーションなので、

結婚式や花嫁の写真撮影にも最適なのです。

 

由志園は紅葉スポットとしてもおすすめ!

紅葉は11月上旬から見頃を迎え、300本以上ものモミジや、

ドウダンツツジなどの紅葉を12月上旬まで楽しめます。

池の水面に映し出される紅葉も格別に美しいです。

園内に併設された食事処の『紅葉』では、客席の窓から紅葉を眺めながら、

食事を頂けますよ。ただし、要予約なのでご注意ください。

また、11月中旬頃になると、ライトアップされた紅葉を堪能できる、

夜会鑑賞会も開催され、昼間とはまたひと味違った、

幻想的な風景を堪能できます。

夜間鑑賞会では、園内の茶房が期間限定でジャズ・カフェとして営業されるので、

音楽を楽しみながらの紅葉鑑賞もいかがでしょうか。

 

由志園の基本情報

・営業時間

9時~17時(年中無休)。夜間鑑賞会は、日没~21時までとなります。

・入園料

一般800円・高校生400円・中学生300円・小学生200円。

ベストシーズンには、一般1000円、

夜間鑑賞会では一般900円の入園料に変更されます。

・交通アクセス

米子(よなご)ICから約40分、松江玉造(まつえたまつくり)ICから

約30分、矢田(やだ)ICから約20分です。

電車の場合は、JR松江駅から、

松江境港(まつえさかいみなと)直通バスで約25分。

無料駐車場も完備されています。

 

由志園の紅葉シーズンの混雑予想

広大な敷地の由志園ですが、紅葉シーズンになると、園内、

駐車場共に土日祝には混雑が予想されます。

スポンサーリンク

ゆっくり鑑賞したいという方は、出来れば平日に来園するのがおすすめです。

夜間のライトアップも大変混みあい、18時頃になると、

駐車場に入れようとする車で渋滞になってしまう場合もありますので、

必ず、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

 

由志園のおみやげ

由志園は牡丹が有名なだけあって、園内のお休み処では

牡丹のお香やお香立てが販売されています。

また、牡丹の花を練り込んだ海老せんべいや、

牡丹の形をしたまんじゅうもおすすめ。

そして、由志園は高麗人参の産地としても知られているため、

高麗人参を使ったコーヒーやようかんなど、ユニークなおみやげも目白押し。

ただし、高麗人参のコーヒーは苦味がかなり強いそうです。

ちなみに、園内の茶房では高麗人参のソフトクリームも食べられますよ。

 

まとめ

由志園は日本庭園としても見応えがあり、四季折々の花が咲くので、

どの季節に行くのもおすすめです。

もちろん紅葉シーズンには、昼夜を問わず、美しい紅葉風景が楽しめますよ。

特に夜間鑑賞会では、ライトアップされた園内に、紅葉が良く映えますので、

一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ただし、休日や夜間鑑賞会は、紅葉シーズンだと特に混雑しますので、

時間に余裕を持って、なるべく早めに行くと良いですよ。

秋にはぜひ由志園に行って、日本庭園を彩る牡丹と紅葉をご堪能ください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑