いざという時に役に立つ。夏場に停電した時の食料保存方法

公開日: 

地震や落雷、台風などが原因で、突然停電になってしまうことがあります。

当然、電気も点かないし、家電も使えなくなってしまいますね。

しかも夏場の停電ならば、冷蔵庫も使えなくなって、

中に入れてある食品が傷んでしまいます。

そこで今回は、もし夏に停電が起きた時に、どうやって冷蔵庫に

入っている食料を保存していくかを紹介します。

スポンサーリンク

扉はなるべく開けないようにしよう

突発的な停電が起きた場合、冷蔵庫で保管してある食品は

どうすればいいのでしょうか。

電気が停まってしまっても、すぐに冷蔵庫内の温度が

上昇してしまうことはありません。

元々、冷蔵庫は密閉性が高いですし、中に入れてある食品も

冷えているものばかりであれば、およそ2時間は保冷できるでしょう。

特に冷凍庫ならば、停電していても4時間くらいは冷気を保てますので、

夏場に停電が起きても慌てる必要はありません。

ただし、庫内の冷気を少しでも長く保つには、出来るだけ冷蔵庫も

冷凍庫も扉を開けないようにしましょう。

扉を開ければ、冷気は当然外に出てしまい、

庫内の温度はどんどん上昇してしまいます。

そのため、扉の開閉回数には、いつも以上に気を付けてください。

 

保冷剤を使う

停電になったら、凍っている保冷剤を冷蔵庫に移しましょう。

すると、庫内の低温を保てるので、食品をより長い時間保管できます。

ただしそのためにも、日頃から保冷剤を冷凍庫に常備しておく必要があります。

停電に備えて、大型の保冷剤を買っておいたり、

ケーキやアイスクリームなどを買った時についてくる保冷剤も、

捨てずにいつも凍らせておくようにしましょう。

 

食品を詰め込まない

冷蔵庫内に入っている食品が多いと、冷気の循環が悪くなり、

復旧した時に温度が下がりにくくなります。

なるべく大量の食品は入れておかないようにして、

食べ切れるものは早めに食べてしまうと良いでしょう。

普段から、買い溜めをしない習慣をつけておくと良いかもしれません。

また、庫内の温度が上がってしまうので、

新たに食品を入れないようにしてください。

 

冷凍食品やアイスクリームはどうする?

冷凍庫に入っている食品も、保冷剤である程度は保存できます。

また、凍ってある食品は、冷凍庫内で一ヵ所にまとめて置いておくと、

お互いを冷やし合うので、より長い時間保存することが可能です。

万が一、冷凍庫内の食品が溶けてしまったら、再度冷凍せずに、

スポンサーリンク

すぐに調理して食べてしまうと良いでしょう。

一度溶けてしまった冷凍食品を再度凍らせると、変質して

味が悪くなってしまうこともあるので、冷凍し直しは避けたほうが良いです。

ただし、アイスクリームでしたら溶けてしまっても、

もう一度凍らしておけば、形は崩れてしまっていますが食べられないことはありません。

 

冷蔵庫からの水漏れに注意!

長時間停電していると、冷蔵庫の下や裏にある水受け皿に、

水がたくさん溜まってしまうことがあります。

溜まった水が溢れてしまい、床や電気コードが濡れてしまう可能性もあるので、

停電したら、冷蔵庫の周りに雑巾やタオルなどを敷いておくと良いでしょう。

 

まとめ

いつどんな災害が起きて、停電になってしまうか分かりません。

特に、夏場の停電時は、食品が傷まないように気をつける必要があります。

もし夏に停電が起きたときのためにも、普段から保冷剤を備えておいたり、

冷蔵庫内には食品を詰め込み過ぎないでおきましょう。

そして、冷蔵庫の開け閉めは最低限にして、庫内の温度を一定に保っていけば、

電気が通っていなくても長時間に渡って食品を保冷できます。

停電して、復旧の目途が立たない場合には、生ものから先に調理して、

早めに食べていくと安心ですよ。

ぜひご家庭でも、突発的な停電に備えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑