マナー違反?七五三でやってしまうお母さんの服装と参拝マナー

公開日: 

七五三は満年齢で7才、5才、3才になる年に七五三を

行うのが一般的となっているので、

昔とは色々な面が様変わりをしてきています。

そして、変わってきていると言えば、

七五三のママの服装も昔と今とでは違っています。

昔は、七五三の母親の服装は着物が多かったのですが、

最近はそうではないようなのです。

そこで今回は、七五三のお母さんが着るべき服装をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

七五三の時は、一番着られてる服装とは?

七五三は子供がメインとはいえ、写真にも残るし、

お参りにはたくさんのママさんがいるだろうし、

浮いてしまうような恥ずかしい恰好はしたくない!

そう考えているお母さんは多いと思います。

七五三の時期に神社へ行くと

実に様々な服装をしているお母さんがいるのですが、中でも多いのは

「ワンピースやスーツ」を着用しているお母さんです。

やっぱり晴れの舞台ですので、

お母さんも比較的かっちりとした格好をされています。

お父さんも同様にスーツを着てピシッとしてらっしゃる姿が多くみられます。

中にはお子様と揃えて「着物」をお召しになられている方もいらっしゃいますし、

お子様が小さいとスカートやスーツ姿では動きづらいということから

ジーンズなどの普段着でいらしている方もいらっしゃいます。

「えー普段着はちょっと…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

祈祷などはせず、雰囲気だけ楽しまれて帰られる方の

中にはこのような方が多いです。

ということでお母さんの服装に関しては特に決まりなどはなく、

見た目や動きやすさなどを考慮してお好きなものを

お召しになっている方が多いですね。

七五三で失敗しないための母親のベストな服装は?

先も述べたように七五三に参加するお母さんの服装に、

特にマナーやしきたりなどはありません。

ただ、お子様がメインのお祝いとなりますので、

お子様の衣装がかすんでしまうような派手な色の服や

衣装は避けたほうが無難です。

また、七五三は子供の成長を願い「神社の神様にお祈り」をする行事ですので、

もし祈祷などをされる場合には、お母さんもある程度身なりを

整えて参拝される方が失礼がありません。

七五三にお父さんも参加されるという方も多いと思いますが、

その場合にはお父さんの服装とのバランスも大切です。

お父さんがフォーマルスーツなのにお母さんが軽いワンピースなどの

服装を着るとアンバランスになってしまいます。

またその逆もしかり。

お母さんがきっちりした格好をしているのに、

お父さんがジーンズなどのラフな格好をしていると

何だかカッコ悪く見えてしまいます。

お父さんとお母さんの服の「格」を合わせるだけで、

スポンサーリンク

とてもしゃんとしてカッコよく見えますので、

両名の服のバランスを意識するようにしましょう。

 

七五三の当日に注意するマナーやポイント

以外と間違えてしまうのが、神社での参拝のマナーです

参道を歩く時は、中央は避け、端を歩くようにしましょう。

参道の中央は神様が通る場所です。

また、手洗い所で手や口を清めると思いますが、

その時はまず柄杓を右手に持ち水を汲んで左手に掛けます。

そしてそのまま柄杓を左手に持ちかえて、今度は右手に水を掛けます。

再び、柄杓を右手に持ちかえたら、左の掌に水を注ぎ、

その水で口をすすぎます。柄杓に直接口をつけるのは厳禁です。

最後にもう一度左手に水を掛けて終了です。

手洗いが終わったら、続いて拝殿に向かいます。

基本は「二礼二拍手一礼」となっており、

拝殿の前に立ったらまずは会釈をして鈴を鳴らします。

次に賽銭箱に賽銭を投げ入れ、二礼(2回頭を下げる)、

二拍手、最後にもう一度礼で終わります。

七五三は、子供の成長をお祝いし、神様に感謝を伝える儀式ですから、

マナー違反をしないように注意しましょう。

 

まとめ

子供の服装にばかり気をとられてしまって親の服装は適当にしちゃった。

でも写真を見返してなんだか後悔。。。

もっとこうすればよかったと思われているお母さんも多くいらっしゃいます。

この記事を読んでくださっているあなたは

決して後悔しないよう納得のいく服装を選んでみてくださいね。

ご夫婦で参加される場合には、

お父様ともよく話し合って着て行く服を選びましょう

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑