赤ちゃんの冬支度!暖房や寒さで注意することは?

公開日: 

赤ちゃんが生まれてから、2・3ヵ月くらいを過ぎると、お散歩やお買い物、

予防接種や保育園の見学など、お母さんと一緒の行動範囲も、

だんだんと広がってくるようになってきますね。

でも赤ちゃんは、身体の面積そのものが小さいので、大人よりもずっと、

熱さ寒さの影響を早いペースで受けてしまいます。

赤ちゃんの冬の服装は、大人と同じように、分厚いセーターやフリースなどを

がっちり着せてしまうのではなく、重ね着したり着替えたりの、

細やかな調節が大切なのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんは汗っかきなんです。

赤ちゃんはとっても汗っかきです。

大人でもタイプによって汗っかきの人はいますが、

赤ちゃんは全般に本当に沢山汗をかきます。

そこで大切なのは、こまめな着替えです。

暖房の効いた室内では、赤ちゃんは大人より1枚少なめが

ちょうど良いといわれています。

外から来たままの着せっぱなしなどにはせず、面倒でも様子を見ながら、

こまめに着替えさせてあげてくださいね。

赤ちゃんの場合、沢山厚着することによって、

本当に熱が上がってしまうこともあるからです。

赤ちゃんを包んでいるタオルも、暖かいフリースのような生地のものと、

薄手のタオル生地のものと、何種類かを重ねたりしながら

使い分けると便利ですよ。

 

赤ちゃんは寝ているときにもチェック!

冬場はとにかく、風邪などひかないように、部屋が寒くないかどうか、

布団をはいでしまっていないかなど、冷えないようにする事はもちろん大切です。

でも逆に、暖房が効いている暖かいお部屋で、暖かい洋服を着て、

お布団をしっかりとかけていては、のぼせて脱水してしまう心配があります。

ぐっすり眠っていても、けして放っておかずに、顔がほてっていないか、

身体が熱くなり過ぎていないかなど、ときどきチェックしてみてください。

目がさめたらすぐに水分を取らせてあげたり、そのタイミングで

着替えもさせてあげるとよいですね。

 

赤ちゃんが風邪のときには、とにかく目をはなさない

もしも風邪をひいてしまったら、水分補給や暖かくして

あげることはもちろん大事ですが、

普段より一層、厚着のし過ぎや着替えには、注意をしてあげることが大切です。

生まれてすぐの2・3ヵ月頃は、小さくて儚げであることには違いありませんが、

まだお母さんの体の中の免疫を持っていて、意外に強い部分もあります。

(逆にこの時期に風邪などひいてしまったら、本当に大変です。)

でも少し大きくなってきてからは、風邪などの病気も

スポンサーリンク

意識しなくてはいけませんよね。

お兄ちゃん、お姉ちゃんや、一緒に遊んだお友達から

風邪をもらうことも多いですし、どうしてもお母さんと一緒に、

人混みに出なければならない用事も出てくるかもしれません。

熱をだしたり風邪をひいてしまったときには、赤ちゃんの体温の変化は

とても大きいため、とにかく目をはなさないで、

普段以上にタオルや着替えで調節してあげてくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんが生まれたばかりのころは、お母さんもまだまだゆっくりと

横になっている必要がありますし、赤ちゃん中心にすべてが動きますから、

お部屋の状態もあたたかくしたり涼しくしたりと、

こまめに湿度や温度などを調節する環境が、自然と整っています。

そんな時期も少しづつ過ぎて、だんだんと慌ただしい日常が戻って、

お母さんも赤ちゃんも活動の範囲も広がってきます。

外出の際や室内でも寒い場所などでは、冷えないようにしっかりと

毛布やタオルで包んであげたり、ジャンバーや厚手のセーター、

フリースなどの厚着をすることは、もちろん大切です。

でもそれ以上に、普段の暖かい屋内や暖房の効いた部屋、お布団の中など、

お母さんは着替えやタオルをたくさん用意して、

いつでもこまめな調節を気にかけながら、安心して赤ちゃんと、

寒い季節を過ごせるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑